外壁塗装 高崎

外壁塗装のやり直しの方法について。 外壁・軒が高熱によって損傷を受けたため、 …
外壁塗装のやり直しの方法について。 外壁・軒が高熱によって損傷を受けたため、 修復工事を地元工務店にお願いしました。 塗装部分は、20~30平方メートル以内くらいです。 元の塗装がシリコンで、修復も同じメーカーのシリコン塗装です。 屋根から壁の塗装工事が、わずか半日で終わっていて その後工程の連絡も無く足場が撤去されてしまって、 もう終わったの?と驚いて塗装箇所を見たところ 板状のフラットなサイディングなのに、古い墓石のような、 小さいクレーター状の凹凸が 無数に確認できるような表面にされていました。 すぐに連絡を取り、現場責任者と塗装業者と話をして 経緯を聞いたところ、下地が吸収されているのか とにかく下地調整がうまくいってないことの確認不足のようでした。 話し合いの結果、やり直しますとのことで 今週からまた足場を立てて、現在サンドペーパーを当てた状態まで進んでいます。 説明が長くなりましたが、 そのペーパーを当てた状態、というのが 凹凸状態の所は白いパテ?のようなもので塗られていて、 凹凸まではないけど、再度塗り直すことになる部分は 塗装を軽くこすっただけ(単に光沢がなくなっただけみたいな)の状態です。 「やり直し」とは、軽くこすって、そこから下地→中塗り→上塗りと 進んでいって、本当に大丈夫なんでしょうか? 厚塗りになるだけのような・・・本当にそれで損傷箇所は最初と同じように修復されるのでしょうか? 最初の過程で、既に不安が生じているので やり直しの方法についても不安が拭いきれません。 この場合の適切な方法、上記の方法が適切かどうかを 知りたいと思っています。 お詳しい方、どうか回答をお待ちしています。 どうぞよろしくお願いします。 ※明後日には工事がまた再開されそうなので、明日中にはすみませんが お知恵をお願いしたいと思います。急ぎですみません。(続きを読む)

日本初!外壁.com開発のネット見積システムが特許を取得!これまでにない「簡単・高精度」で業界の不透明感を克服
日本初!外壁.com開発のネット見積システムが特許を取得!これまでにない「簡単・高精度」で業界の不透明感を克服  SankeiBiz外壁.com「お見積もりシミュレーション」が特許を取得  新建ハウジングFull coverage(続きを読む)

全身脱毛 川口